【サン・クロレラ】京都橘高校吹奏楽部『120期・121期 部長、DM』インタビュー!「ブルーな雨と、オレンジの暁と」🍊

ぜひ、お読みくださいませ🎵🤗

ブルーな雨と、オレンジの暁と。」【前編

ブルーな雨と、オレンジの暁と。前編 - サン・クロレラスポーツ

ブルーな雨と、オレンジの暁と。」【後編

ブルーな雨と、オレンジの暁と。後編 - サン・クロレラスポーツ

かつて「オレンジの悪魔は 教えずに育てる」という顧問の田中先生がいました。

その方と、兼城先生は、対極に位置しているものと勝手に思い込んでいました。

しかし、今回 兼城先生のインタビューに接し、生徒さんの人間力を引き出すための

施策として、敢えて、理不尽な状況を作り与えるというアプローチは、「教えずに

育てる」という指導法に通じるものがありました。

部員自らが取り組み、個々の人間力、人間性を育むことが、チームの底上げになる!

チームの規律と協調性、それを実現するためのコミュニケーションが必要になる

「吹奏楽」は、子どもの成長や学校教育にとって、理にかなっていると…。

そんな、「演奏に人間性が出る」が持論の兼城氏が育てていく部員さんたち…。

次は、どんな「物語り」を魅せてくれるのでしょうか? ✨🍊

コメント

タイトルとURLをコピーしました